「コムスタ4」代表の紹介
★☆★ 大田区上池台を拠点とする「コムスタ4」代表(個人)の活動紹介です ★☆★                (コムスタ4:「コミュニティ スタジオ 4丁目」の略称)
プロフィール

yk

Author:yk
「コムスタ4」代表のページへようこそ!!

地域コミュニティの活動拠点となる「コムスタ4」で、皆様の地域活動を支援しています。

同時に、大田区「上池台」の地域情報等の提供を充実させていきます。
また、個人の立場ですが「防災まちづくり研究会」や「六郷用水の会」「おおた地域学のススメ」などの会員として区民目線の地域活動も行っています。

・コムスタ4:Community Studio 4丁目の造語です。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(上池台周辺03)上池台4丁目・国有地売却
国有地売却DSCF1534 

国有地売却②

上池台4丁目の官舎跡地で、「国有地売却」の看板が掲載されています!
・最低売却価格は3億5千万円となっています。

住宅地内の貴重な空き地です。
公共性の高い活用を期待しています。

スポンサーサイト
(上池台周辺02)上池台周辺の湧水
雪谷地区湧水②map450

大田区にある湧水の数をご存知ですか?
・東京都「~東京の湧水~湧水マップ」(平成25年版)によると、18ヶ所が登録されています。
・調査年度によって変化しますが、前回の5年前(平成20年)28ヶ所から10ヶ所も減少しております。

地図は上池台周辺ですが、「小池」と「洗足流れ4カ所」の5ヶ所が登録されています。
少し離れて、「洗足池」と「水神の森」があります。
なお、水神の森は、最近「水神公園」として整備オープンされています。

下記表は、近隣の湧水一覧です。

雪谷地区湧水名一覧

参照「~東京の湧水~湧水マップ:東京都環境局」

(上池台周辺01)雪谷の「私の家」「続私の家」「倅の家」
清家清・貨車

 建築家・清家清の「私の家」「続私の家」「倅の家」が雪谷にあるのはご存知でしょうか。
  閑静な住宅地で樹木に囲まれた住宅と貨車が道路に面していました。

 場所は、上池台に隣接する雪谷にある荏原病院の近隣で、バス道を面して向かい側の閑静な住宅地です。
 敷地内は、1954年に「私の家」が建てられ、その後、1970年に「続私の家」、1989年に「倅の家」が増築されたそうです。
 見学会も以前行われたようです。

 また、東京工業大学の教授でもあり鉄道好きであったらしく「貨車」が置かれていたのですが、最近撤退されたで現在は、枕木だけが残っています。

 今後、どうなるのかご存知であれば教えて下さい。

(池上線16)戸越銀座駅のリニューアル
戸越銀座②
 
戸越銀座①

開業から90年ぶりのリニューアル
2016年12月11日(日)東急池上線戸越銀座駅木になるリニューアル」が竣工

~多摩産材の木材を使用し、地域の皆さまの意見を参考に木造駅舎の趣を踏襲した駅が完成~

 東京都内で生産される多摩産材をふんだんに使用し、環境に配慮しながら駅舎の内外装をリニューアルしたほか、ホーム全体に屋根をかけるためのホーム屋根の建替えと延伸、男女トイレの建替えや出入口のバリアフリー化などを実施しました。また、地域の皆さまとともに製作した木製ベンチや、今回新たに製作した駅シンボルマークやのれんの設置なども行いました。
 リニューアル工事では、多摩産材を約120m3使用することで、鉄骨造に比べて建設段階の二酸化炭素放出量を約100t削減するほか、木材使用による炭素固定化により約70tのCO2削減に寄与しています。また、木材利用を通じて、「植える・育てる・使う・植える」という森林資源の循環利用を促進し、東京都の森林・環境保全に貢献しました。

 今後、大田区内の池上線・全駅もリニューアルを期待します!!

(参照:東急電鉄HP)
(池上線15)池上線・開通当初の車両を紹介
法勝寺鉄道デハ203

 また、街の手帳「池上線」に掲載されていたi記事を紹介します。
 驚くことに、池上線・開通当初の車両鳥取県の南部町公民館で保存されているようです。
 池上線の開業当初は乙号車2両が使われたそうでその1台です。
 上写真は、鳥取県南部町立西伯小学校に設置されていた時点のものです。

 1930年に伯陽電鉄(その後、日の丸自動車法勝寺線)に譲渡され、1967年の廃線に伴い鳥取県南部町立西伯小学校で保存した。その後、車両は2011年に鳥取県保護文化財に指定を受け、当時の状態に復元補修され後、現在の場所に移つり展示しているそうです。
 1922年(大正11年)日本車輌製の電車で、元駿遠電気20形・池上電気鉄道乙2のデハ203です。デハ203は2012年度 - 2013年度の間に西日本旅客鉄道(JR西日本)後藤総合車両所で後藤工業で復元作業を実施しました。

 出来れば、池上線沿線の公園に移築してもらいたいものです。

(参照「街の手帖 池上線」およびウィキペディア)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。